もう牡馬と牝馬の斤量差無くした方がいい

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2014/10/29(水) 07:04:55.58 ID:3n4cOKLu0.net
何十年前の考えをいまも採用っておかしいわ

引用元: ・もう牡馬と牝馬の斤量差無くした方がいい


天龍源一郎の南部杯実況

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2014/10/28(火) 19:22:20.48 ID:Gymi+5Fc0.net
「ポァ、ポァポァ、、」
http://www.youtube.com/watch?v=JBWTC-bbKMg


引用元: ・天龍源一郎の南部杯実況


素人にもわかりやすい秋天のポイント

1: 1・玄人 2014/10/29(水) 18:38:11.18 ID:P2g3EQwL0.net
天皇賞(秋)というレースについて、競馬初心者にもわかりやすい視点で、
このレースにおける傾向と対策などを考えていこうジャマイカw

まず、今年の秋天には2つの「グレード制以降初」がかかっている。
それは、現時点で1番人気確実と見られているイスラボニータに関するものだ。

①1番人気における3歳馬の勝利。(3歳解禁の87年以降)過去に3歳馬で勝利したバブルガムフェローとシンボリクリスエスは共に3番人気。
②1番人気における先行馬の勝利。(※「先行」=導中2~4番手を進んだ馬)

もしも今回イスラが1番人気で先行して勝てば、G制以降初めて上記のジンクスを打ち破った馬となるのである。
特に②のハードルは高い。秋天は昔から「差し馬天国」の舞台であり、過去には、オグリキャップ、トウカイテイオー、ライスシャワー、
ビワハヤヒデ、テイエムオペラオー、フェノーメノ、ジェンティルドンナら錚々たるメンバーが1番人気で先行して敗れているのである。
G1を1番人気で勝つのと、そうでないのとでは難易度に雲泥の差がある。
今回、イスラボニータが1番人気で勝利するようなことがあれば、この1勝だけで歴史的名馬の地位に上り詰めたと俺は評価する次第である。

スレ主過去スレ~http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/keiba/1413179737/

引用元: ・素人にもわかりやすい秋天のポイント


NEXT≫
『本物の情報』を競馬ファンの皆様にお届けしています。
PR【重賞2レース予想】3連単を狙いやすいのは中山記念


的中に特化した予想。
2月17日(土)三連単・三連複52.8%、それ以外は全て80%以上の的中率という高水準を叩き出しました。
このデータを使って、中山記念、阪急杯をひも解いて行きたいと思います。
無料会員になればだれでも今週から見れるデータなので、チェックしてみてください。
⇒ https://www.collabo-n.com/

阪急杯_うまコラボ01

それでは、各レースをこのデータ予想の過去結果から分析していきます。
中山記念


今週末一番の的中率に期待できるレースです。
というのは、過去3年1着から3着までのほとんどに指数1位から4位の予想馬が馬券に絡んでいます。
指数1位から4位で馬券を組み立てるだけで安定的に勝てますね。
最も取りたいのは3連単。
週末までにじっくり研究したいと思いますが現時点でわかっていることは
2014年3着と2017年2着以外【すべて指数値30以下で馬券決着】
今週末は中山記念が一番勝ちやすいレースだと思います。
みなさんも週末までにこの指数について少し調べてみてください。

また、中山記念の予想については、サイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日昼に無料公開されますので楽しみにしてみてください。
⇒ https://www.collabo-n.com/
阪急杯


阪急杯の予想は難しいですね。
中山記念の予想で言った通り注目は【指数値30以下】です。
指数順位こそ下位の馬が絡んでいますが、約7割が指数30以下です。
これを基準にその他の情報を組み合わせて予想していきたいと思います。
指数だけでなく、過去データが豊富に格納されているのでプラスαの情報も見つけやすいですよ。
データを見ているだけで楽しいのでぜひ隅々までチェックしてみてください。

今週末は重賞2鞍。
2月最終週もぜひこの指数を参考にして「最少点」で獲りに行きましょう。
⇒ https://www.collabo-n.com/

中山記念_うまコラボ01

ブログパーツ

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
競馬予想パドックルーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
9位
アクセスランキングを見る>>
新着記事