トーセンジョーダン、レース中に落鉄も2着確保/天皇賞・春

秋春盾連覇を狙ったトーセンジョーダンは2着。レース中に右前を落鉄するアクシデントがありながら、反応良く伸びた。「完璧なレースができた」と岩田は納得の表情。池江師は「宝塚記念(6月24日・阪神)に向けて、見通しが明るくなったね」とたたえた。なお、凱旋門賞参戦については「オーナーが行きたがっているのは分かっているけど」と明言を避けた。

 地力は示した。2番人気のウインバリアシオンが、得意の末脚を繰り出し、上がり最速をマークして3着に食い込んだ。武豊は「動きにくい展開になった。オルフェが行ったら一緒に上がるか、突っ張るかと考えていたけどね。でも、ラストはよく来ている。いつか金メダルを獲りたいね」と頂点奪取に意欲をのぞかせた。今後は放牧を挟み、宝塚記念へ向かう。

http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=63852

ビートブラック大金星、石橋脩は初G1制覇/天皇賞・春

「第145回天皇賞・春・GI」(芝3200m)は29日、京都11Rに18頭で争われ、2番手からレースを進めた14番人気のビートブラックが、3角手前でスパート。直線でも脚色は衰えず、後続の追撃を振り切りGI初制覇を飾った。勝ちタイムは3分13秒8。2着には4馬身差で3番人気のトーセンジョーダン。3着には2馬身差で2番人気のウインバリアシオンが入った。なお、圧倒的1番人気の4冠馬オルフェーヴルは11着に敗れ、大波乱の結末となった。

 大金星の人馬はともにGI初制覇。石橋脩は、興奮を抑え切れずに左右で2度のガッツポーズ。京都での初勝利を伝統の一戦で飾って「信じられない。本当に実感がわかない。厩舎の方がしっかりと仕上げてくれてたし、馬も頑張って走ってくれた。ラッキーでした」と満面の笑みだ。「時計も速かったし、そう簡単に止まらないと思って前に行った。周りを気にしていたら、こういう競馬はできない。イチかバチか。バテたら仕方ない。謝ろうと思った」。あえてオルフェーヴルなどの強敵を“無視”。初の春の盾参戦とは思えない大胆な手綱さばきだった。

 約16年ぶりのGI制覇に、中村師も「やっと勝てたね。やっている僕もビックリ。道中はハラハラして見ていたけど、強かった。ディープ(インパクト)のレコードにコンマ4秒差。立派なもの」とたたえた。

 今後は未定だが、JRAの現役馬では2頭しかいない“マイナー血統”のミスキャスト産駒が、強豪馬を撃破した勢いそのままに、羽ばたいていく。

http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=63853

ルーラーシップ圧勝でG1初制覇/クイーンエリザベス2世カップ

29日、香港・シャティン競馬場で行われたクイーンエリザベスII世C(3歳上、香G1・芝2000m、)に、日本からU.リスポリ騎手騎乗のルーラーシップ(牡5、栗東・角居厩舎)が出走。好スタートから道中3番手を追走すると、直線は最内から突き抜け、後方から追い込んだサムザップ Thumbs Up(セン7、香・C.ファウンズ)に3.3/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイム2分02秒38。さらに1/4馬身差の3着にスウィートオレンジ Sweet Orange(牡4、香・D.フェラリス)が入っている。

 日本馬のクイーンエリザベスII世C制覇は02年のエイシンプレストン以来、史上2頭目の快挙。管理する角居厩舎は11年のドバイWC(首GI)をヴィクトワールピサで制して以来の海外GI5勝目となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ルーラーシップ(牡5)
父:キングカメハメハ
母:エアグルーヴ
母父:トニービン
半姉:アドマイヤグルーヴ(エリザベス女王杯-GIなど重賞5勝)
半兄:フォゲッタブル(ステイヤーズS-GIIなど重賞2勝)
厩舎:栗東・角居勝彦
成績:16戦8勝(うち海外2戦1勝、重賞5勝)
主な勝ち鞍:12年AJCC(GII)、11年日経新春杯(GII)、11年金鯱賞(GII)、10年鳴尾記念(GIII)

http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=63826
NEXT≫
『本物の情報』を競馬ファンの皆様にお届けしています。
PR【重賞2レース予想】3連単を狙いやすいのは中山記念


的中に特化した予想。
2月17日(土)三連単・三連複52.8%、それ以外は全て80%以上の的中率という高水準を叩き出しました。
このデータを使って、中山記念、阪急杯をひも解いて行きたいと思います。
無料会員になればだれでも今週から見れるデータなので、チェックしてみてください。
⇒ https://www.collabo-n.com/

阪急杯_うまコラボ01

それでは、各レースをこのデータ予想の過去結果から分析していきます。
中山記念


今週末一番の的中率に期待できるレースです。
というのは、過去3年1着から3着までのほとんどに指数1位から4位の予想馬が馬券に絡んでいます。
指数1位から4位で馬券を組み立てるだけで安定的に勝てますね。
最も取りたいのは3連単。
週末までにじっくり研究したいと思いますが現時点でわかっていることは
2014年3着と2017年2着以外【すべて指数値30以下で馬券決着】
今週末は中山記念が一番勝ちやすいレースだと思います。
みなさんも週末までにこの指数について少し調べてみてください。

また、中山記念の予想については、サイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日昼に無料公開されますので楽しみにしてみてください。
⇒ https://www.collabo-n.com/
阪急杯


阪急杯の予想は難しいですね。
中山記念の予想で言った通り注目は【指数値30以下】です。
指数順位こそ下位の馬が絡んでいますが、約7割が指数30以下です。
これを基準にその他の情報を組み合わせて予想していきたいと思います。
指数だけでなく、過去データが豊富に格納されているのでプラスαの情報も見つけやすいですよ。
データを見ているだけで楽しいのでぜひ隅々までチェックしてみてください。

今週末は重賞2鞍。
2月最終週もぜひこの指数を参考にして「最少点」で獲りに行きましょう。
⇒ https://www.collabo-n.com/

中山記念_うまコラボ01

ブログパーツ

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
競馬予想パドックルーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
7位
アクセスランキングを見る>>
新着記事